「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

映画「ゴーストワールド」

e0021004_21182036.gif<ストーリー>
全米の若者の間でカリスマ的人気を誇るダニエル・クロウズの新感覚コミックを「アメリカン・ビューティー」のソーラ・バーチ主演で映画化したおしゃれでキッチュでとびきり切ない青春ストーリー。イーニドとレベッカは高校を卒業した今も進路も決めないまま好きなことだけしてフラフラする毎日。ある日、二人は新聞の出会い系の広告に載っていた中年男をダイナーに呼び出し、待ちぼうけを食っている惨めな姿を見て暇を潰すのだったが……。 (Yahoo!ムービーより)
(2001年 アメリカ)

イーニド(ソーラ・バーチ)とレベッカ(スカーレット・ヨハンスン)のファッションがかわいい!
コーディネート数はなんと50種以上だそうだ。衣装を見ているはずが、どうしても二人の大きなバストとふくよかな腹部に目がいってしまう・・・。ただいま公開中の「アイランド」ではスタイル抜群のスカーレット・ヨハンスンだが、この映画では、ちょっとイケテナイ感じで、「こんな時もあったのね」と妙な親近感が・・・。

二人がいつもいたずらを企てているところなんか、懐かしいなぁ。私もそんな時があったなぁ、と(遠い目・・・)

中年男シーモア(スティーヴ・ブシェミ)の優しいサエナイ男ぶりも、なかなか惹かれるものが・・・。

イーニドの描く絵がわりと好きだなぁ。最後のシーモアのイラストもぐっときた。うまいんだもん。イケテナイぶりがね。
[PR]
by km_achin | 2005-08-24 22:51 | 映画・旧作