「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

「Number 634」は猛虎の魂。

e0021004_2120738.jpg8月11日発売の「Number 634」(文藝春秋)阪神の特集。「早く買おう」と思っていたのに、なかなか買いにいけなくて、一週間たったらどの店も完売。ひぇー。
ようやく追加で入ったのを購入できました。選手の写真も満載だし、読み応えのある記事で、お宝雑誌となりました~。



助っ人検証・阪神タイガース華麗なる「外国人遍歴」というページがあり、バースをはじめとする素晴らしい選手たちの貢献度%が出ています。
そーいえば、年棒3億5000万円の契約で、たったの7試合で帰国しちゃった選手がいたな、1試合5000万円のギャラ? えっと誰だっけグリーン・・・グリーン・・・・、そうそうマイク・グリーンウェル。この雑誌には国際詐欺師とまで書いてあるわ。

今年のアンディー・シーツはいいですよぅ。軽~くホームランを打ちますもの。
おとといの神宮球場の阪神戦の応援のとき、うしろの席の人が
かっとばせー、毛布!、ちごうた、シーツやった」と叫んでました。
うしろの席のご夫婦は2才くらいのお嬢さんを連れていて、阪神のユニフォームを着ていたので本格的なファンだとは思ってましたが・・・
息子が「ママ、うしろ!」というので振り返ると、
奥さんが虎柄のアフロのかつらを被って応援してました。
感激しました。 ←何に
[PR]
by km_achin | 2005-08-22 21:53 | 阪神タイガース