「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

ブラッド・ダイヤモンド

e0021004_12254336.jpg映画の日の2本目は「ブラッド・ダイヤモンド」鑑賞です。
公開からだいぶ経ちますが、こちらも映画の日だけあって、半分以上の席が埋まっていました。

この映画のディカプリオ、かっこいいかも。
ちょっとワルで頭もよい。でも体力なし(本人も劇中、煙草をやめなきゃ、と反省していたけど)。あんまり体力があって、ずっと走りっぱなしっていう、どこぞの誰か(トム?)よりはリアリティがあるんじゃないですかね。

ダイヤモンド採掘をめぐって、こんな血なまぐさいことがあったなんて、知りませんでした。RUFのやり方があまりにも猟奇的で、捕えた少年たちを兵士に仕立て上げることにも怒りを覚えます。
目を反らしたくなるほどの残虐なシーンが多く、映画を観終わる頃にはヘトヘトになりますが、事実をもとにした社会派ドラマは、好きなジャンルの映画です。見ごたえ十分です。

アーチャー(レオナルド・ディカプリオ)マディー(ジェニファー・コネリー)の関係も、なかなかよかったです。純愛なのか?ラストあたりはホロッときちゃいました。

映画の日に観た2本では、「バベル」より「ブラッド・ダイヤモンド」のほうが好きです。
[PR]
by km_achin | 2007-05-02 12:27 | 映画・新作