「ほっ」と。キャンペーン

「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

県庁の星

e0021004_15314152.jpg<ストーリー>
順風満帆の人生を歩むキャリア公務員・野村聡。ある日、人事交流研修のために三流スーパー「満天堂」へと赴くが、店員たちはやる気がなく、さらに野村の教育係・二宮あきは年下のパート店員だった。さまざまな不幸や困難の中、二人は危機に瀕したスーパーの改革に乗り出す…。
(goo映画より)
(2006年 日本)

税金の使い方・・・この映画を見ていると税金を無駄に使うんじゃない!って言いたくなります。
現実にも、来たる東京都知事戦に向けて、立候補者の公開討論が行われましたが、「税金を無駄に使うな。」「これ以上CO2を出すな。」と言いたくなります。某立候補者が「オリンピックをぜひ東京に。夢を持たなきゃいけない。」と言っていますが、オリンピック招致が「夢を持つ」ことなのか?莫大なお金かかるんだよねぇ。建物や道路もいっぱい作るんだよね。自然も壊すんだよね。・・・人の意見に耳を貸さない知事はいらないな。
で、この映画。まぁ、テレビで見る分には面白いかも。それほどスカッとするストーリーではないものの、そこそこいい流れで・・・。公共事業で私腹を肥やす悪いヤツらが、そうそう改心したり、逮捕されたりってことはなかなかないですものね(多分)。

織田さんが頼りになる頭脳明晰な役なので、満足しました。
[PR]
by km_achin | 2007-03-17 15:33 | 映画・旧作