「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

メイド・イン・マンハッタン

e0021004_1384296.jpg<ストーリー>代々続く政治家の家柄で未来の大統領候補ともいわれる上院議員と、仕事と子育てに追われるホテルの客室係との身分を越えた恋を描いたロマンチック・ラブストーリー。
(goo映画より)
(2003年 アメリカ)

TV放映にて鑑賞。
コテコテのラブストーリーですが、マリッサ(ジェニファー・ロペス)の息子タイ(タイラー・ガルシア・ボージー)がいいシーンで気の効いたことをするので、とても面白く見ました。ラストは涙が出ちゃいました。タイがかっこいい少年(将来が楽しみ!)で、更に頭が良くて、そして寂しがりやで、いいんですよ。
脇役も素敵な人ばかりです。ジェリー(スタンリー・トゥッチ)が私の期待どおりのキャラで出ていて、大満足。ちょっと前に見た「プラダを着た悪魔」での彼を彷彿とさせる上品さ。

それにしても、最初のデートは犬のルーファスが一緒だったのに、ベンチに腰掛けて話をした後からルーファスがどこかに行っちゃったんですけど。大規模なルーファス捜索とかするのかなー、と思っていたのに、いつの間にかホテルに戻ってるし。勝手に戻ったのかしら???

要所要所で各人がスカッとするセリフを言うので、気持ちいいのよね。私好みのいい映画でした。
[PR]
by km_achin | 2007-03-16 13:10 | 映画・旧作