「ほっ」と。キャンペーン

「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

アビエイター

e0021004_21433282.jpg<ストーリー>
1927年、21歳の青年ハワード・ヒューズ(レオナルド・ディカプリオ)は、ハリウッドへ単身飛び込み、父の遺産をすべて注ぎ込んで航空アクション映画「地獄の天使」の製作に着手。30年にそれが完成すると、彼は一躍ハリウッド・セレブリティの仲間入りを果たす。まもなくハワードは、人気女優のキャサリン・ヘップバーン(ケイト・ブランシェット)と恋に落ちる。
(goo映画より)
(2004年 アメリカ)

「ディパーテッド」が面白かったので、ディカプリオの出演している他の映画も観ようかな、と「アビエイター」を観ました。
実話とのことですが、私にはあまり興味のわかない題材だったかも。自ら飛行機の操縦桿を握ってスピード記録を次々と更新っていってもねぇ。男性のほうが楽しんで観られる内容のような気がしました。
映画を作ったり、飛行機を飛ばしたり、桁違いの金持ちぶりに驚いてしまいました。若い頃の顔より歳をとった(設定の)ディカプリオは、かっこいい顔になってました。70%以上のたいへんなやけどをしたわりには、きれいな裸でした。裸族(!)のディカプリオは、ファンにはたまらないものですかね。
感動もせず、一週間たったら観たことさえ忘れちゃいそう。
[PR]
by km_achin | 2007-02-09 21:46 | 映画・旧作