「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

ダンサーの純情

e0021004_23373871.jpg<ストーリー>
少女チャン・チェリンが、中国からソウルに到着した。姉の身代わりとして、ダンス大会に出場するためである。将来を有望視されながら、パートナーを失い、さらには足の怪我で絶望の底にいたダンサー、ヨンセの前に現れた新しいパートナー、それがチェリンだった。彼女の姉はダンスチャンピオンだが、チェリンはダンス未経験。大会を三カ月後に控え、チェリンが素人と知ったヨンセは、一度はチェリンを追い出すも、やがて彼女に特訓を開始する。
(goo映画より)
(2005年 韓国)

この映画を観て思いました。「私ってダンスものが好きかも。」と。
「Shall we Dance? シャル・ウィ・ダンス?」や「フラガール」、古くは「フラッシュダンス」などなど・・・。
この「ダンサーの純情」も、いいわー。いつも映画は1回さらっと観るだけなのに、これは2回も観てしまいました。
なんと言ってもヨンセ(パク・コニョン)がミュージカル・ダンサーだけあって、きびきびした踊り方のかっこいいこと。腰づかいがたまらないわぁ。Vネックのシャツも色っぽくてGOOD!
チャン・チェリン(ムン・グニョン)があどけなくて、まるで浅田真央ちゃんのよう。彼女がだんだんダンスをマスターするのが見所。私じゃとてもできない技を短時間でやっちゃう彼女ってすごい!
友人カップルも、2人を監視する怪しすぎる男女も、なかなか面白いキャラで、くすっと笑えます。
途中、任侠映画かアクション映画か?と思うような暴力的なシーンがあり(そんなにひどいわけではないけど)、せっかくの純愛映画なのにちょっと嫌だなー、と思いました。
でも、けっこうお気に入りの映画になりました。
[PR]
by km_achin | 2007-02-05 23:40 | 映画・旧作