「ほっ」と。キャンペーン

「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

マラソン

e0021004_15475762.jpg<ストーリー>
シマウマとチョコパイが大好きな19歳のチョウォン(チョ・スンウ)は、幼少期から自閉症の障害を抱えていた。母のキョンスク(キム・ミスク)はチョウォンの世話に全精力を傾けるあまり、夫(アン・ネサン)や次男チュンウォン(ペク・ソンヒョン)のことを顧みなくなり、いつしか夫は自宅に戻らなくなっていた。そんな日々の中で、キョンスクは、走っている時のチョウォンが楽しそうなことに気づく。やがてハーフマラソンで3位入賞したチョウォンは、フルマラソン大会への挑戦を目標にするようになる。
(goo映画より)
(2005年 韓国)

ちょっと泣けちゃったな。
お母さんが出来すぎた人だったら、自分と照らし合わせて自己嫌悪に陥っちゃうかもしれないけど、けっこうエゴがあったりして。子どもをいつまでも縛り付けてちゃいけないな、と思いました。
印象的なのはシマウマのお尻!・・・シマウマ好きの彼に、あのプリッとしたシマウマ柄のスカートは追いかけてくれといっているようなものでしたね。彼にとっては不幸な出来事でしたが・・・あの後彼が母に代わって叫ぶシーンでは泣けてしまいました。
コーチもチョウォンと出会うことで人間的に成長したようで、それもよかったです。
[PR]
by km_achin | 2007-02-04 15:49 | 映画・旧作