「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

Shall we Dance? シャル・ウィ・ダンス?

e0021004_22362163.jpg<ストーリー>
ジョン・クラーク(リチャード・ギア)は、遺言書の作成を専門にするシカゴの弁護士。高級デパートに勤める妻ビヴァリー(スーザン・サランドン)と2人の子供に囲まれた、幸福な暮らしを送っている。しかし心のどこかに空しさを感じていた彼は、ある日、通勤電車の窓を通して、社交ダンス教室の窓辺にたたずむ美しい女性の姿に目を留める。そして衝動的に電車を途中下車。ダンス教室へと足を踏み入れたジョンを迎えたのは、その女性、ポリーナ(ジェニファー・ロペス)だった。(goo映画より)
(2004年 アメリカ)

TV放映にて鑑賞。
日本版を何度も観ているので、リメイクは観なくていいかな、なぁんて思っていて、テレビ放映されてようやく観ました。吹替えが俳優のイメージと合っていて、とっても面白い!渡辺えり子かと見まごうボビー(リサ・アン・ウォルター)は毒舌炸裂だし、リンク(スタンリー・トゥッチ)のヅラネタもベタなんだけど大受け。ジョン・クラーク(リチャード・ギア)は何をやっても素敵で、何度も目にした赤いバラを持ってエスカレーターを上ってくるシーンでは、あまりのかっこよさにクラクラしちゃいます。
脇役のインパクトが強すぎて、あまりポリーナ(ジェニファー・ロペス)の存在感がなかったような・・・。でもプリッとしたお尻(ちょっと出っ張りすぎ?)とたくましい太ももはかなり存在感がありました。
[PR]
by km_achin | 2007-01-22 22:40 | 映画・旧作