「ほっ」と。キャンペーン

「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

硫黄島からの手紙

e0021004_16332834.jpgラジオを聴いていると、この一週間「硫黄島からの手紙」の特集をやってるし、テレビでも取り上げられているし、アカデミー賞候補との呼び名も高く、近所の映画館の招待券が当たったので(ってこれが一番の理由)、観に行ってきました。

絶対号泣しちゃうだろうから、映画を観たあとの予定は入れないようにしていたんですが、あんまり泣けなかったのよね。
陸軍中将・栗林(渡辺謙)が敵を10人倒すことを目標に、と言っているのにも拘わらず、自害するもの、部下を殺すものが後を絶たず、戦争の悲惨もさることながら「その体質をなんとかしろ」という気持ちが大きくて、イライラしっぱなし。中村獅童も嫌ーなヤツで、見た目とマッチしていたのではないかと・・・(失礼)。

渡辺謙がかっこよかったー。人柄のいい、優れた指揮者で、本音をつぶやくのがいいのよねぇ。反発する頭の固い部下たちを一括すると「いよっ、謙さん!」と言いたくなります。世間では二宮くんを大絶賛していますが、私は謙さん派だなぁ。

観終わって、私のランキングでは特にアカデミー賞はあげません(偉そう?)。
[PR]
by km_achin | 2006-12-22 16:35 | 映画・新作