「ほっ」と。キャンペーン

「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

マルチュク青春通り

e0021004_21473295.jpg<内容>
絶大な人気を誇る韓流スター、クォン・サンウ主演による青春ラブロマンス。78年のソウルを舞台に、郊外の男子校に転校して来た主人公の淡い恋や仲間との友情をノスタルジックな音楽に乗せて描く。PG-12作品。
(「DVD NAVIGATOR」データベースより)
(2003年 韓国)

PG-12指定があるだけのことはあり、暴力的なシーンが多いです。男子校では生徒同士が暴力(手加減なし)を振るい、教師が生徒に理不尽な暴力を振るう。ヒョンス(クォン・サンウ)の父もヒョンスに暴力を振るう。痛々しくて、ちょっと「パッチギ!」を思い出してしまいました。このところのニュースで、いじめとか金銭の巻き上げだとかが毎日取り上げられているので、いじめのシーンは胸が痛みます。この映画に出てくる教師たちも最低で、最後はどうなるんだろう、やっつけてほしい!って思いました。

ヒョンスが恋をするのですが、私はクォン・サンウのファンでないため、ちょっとストーカーっぽくないか?って思ってしまいました。でも、彼女にバスの中で傘を貸すシーンでは胸がキュンッとなりました。恋のお相手がとってもかわいいです。
ヒョンスがブルース・リーに憧れて、ヌンチャクを器用に操るのは見所です。鍛えてるんですねぇ。胸板も厚い。

ラブストーリーの王道ではなく、切ないストーリーになっているので、かえって印象に残る映画だと思います。
[PR]
by km_achin | 2006-11-13 21:57 | 映画・旧作