「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

デスノート the Last name

e0021004_14511771.jpg映画公開から3日間で観客動員数約97万5000人を突破したという「デスノート the Last name」を観てきました。

ライト(藤原竜也)L(松山ケンイチ)の天才対決を充分堪能しました。
サクサク話は進むし、予想もできない展開で、素晴らしいストーリーでした。

ミサミサ(戸田恵梨香)がかわいいの。ルックスもかわいいけど、恋する少女の一途さも素敵!いや~、ファンになっちゃうな(私が男だったら)。ミサミサとライトがヒシッと抱き合うシーンでのリュークとレムの所在なさげなところもよかったです。

たまにクスッと笑えるシーンもあって、特にひょっとこのお面はGood!まさか、あの彼がこんなお面を被るキャラとは!

ジェラス(かわいらしかった・・・)のエピソードもホロッときましたが、後半、泣けてしまいました。この映画で泣くことになるとは・・・(涙腺ゆるすぎ?)。

公開間もないので、あまりネタに触れないよう、別の話を。
「デスノート前編」を観たとき、ライトのお母さんが「まるで息子に恋しているような」感じを受けました(当時の記事はこちら)。
誰が演じているのか、その時はわからなかったのですが、先日フジテレビの「ごきげんよう」に五大路子さんが出ていて、「デスノートでライトのお母さん役をやったんです・・・映画に出るの初めてなんです。」と。小堺さんも驚いてましたが、私も驚きました。かなりキャリアがあるのに映画は初出演とは!
もともとテンションの高い人なので、あんな感じになるのかなぁ・・・。
ですので、今回は、ちゃんと演じてるかどうかハラハラしながら見守りました・・・。相変わらず、甘~いお母さんでした。
[PR]
by km_achin | 2006-11-07 15:02 | 映画・新作