「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

I am 日本人

e0021004_22575115.jpg劇場鑑賞券をもらったので「I am 日本人」を新宿トーアに観に行ってきました。
森田健作が原案・脚本・製作総指揮など6役をしただけあって、とても真面目な作品でした。道徳っぽい感じかな。

最近の日本の若者のだらしなさとか、無責任さをこれでもか、と見せ付けます。
主人公のエミー(森本クリスティーナ)が、熱いです。熱弁をふるいます。森田健作がのりうつってます。まぁ、曲がったことを見かけると、口を出さずにいられない彼女ですが、かわいいのよ。にらめっこで変な顔をしても、かわいい。今時、にらめっこをする大人もあまりいないとは思いますが。

忘れ去られた「日本の心」を取り戻してほしいと、収支度外視で製作したというこの映画。ぜひ子供に観て欲しいと森田氏が言っていたということを新聞で読みました。我が家も子ども達を連れていきましたが、冒頭のエミーがアメリカで暮らしているシーンや、エミーが中国人留学生と話をするシーンなど、英語のシーンがあり、ちょっと子供には難しかったようです。小4の長男はいろいろなところで笑っていましたが、果たして「日本の心」がわかったかどうか・・・。エミーがこだわる「大和魂」もなんだか使い方が違うような・・・。

なんでそこで祭?とか、友人の借金をポンと返しちゃうわけ?とかツッコミどころのある映画ですが、森田氏の映画ってことで、まぁ、いいか。
[PR]
by km_achin | 2006-08-26 22:59 | 映画・新作