「ほっ」と。キャンペーン

「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

グエムル~漢江の怪物~

e0021004_23432047.jpg友人から試写会の招待状をもらったので「グエムル~漢江の怪物~」を文京シビックホールで鑑賞しました。
招待券をもらわなければ、きっと自腹では観に行かないジャンルの映画ですが、これがなかなか面白かったんです。

上映前の説明でポン・ジュノ監督を「韓国のスピルバーグ」と絶賛していましたが、それはどうだろう???という気がしました。でも、とても楽しい120分でした。

怪物があまり怖くないんですよ(あ、言っちゃった)。っていうか、怖くしているのにバックで流れる音楽がドンドコ、ドコドコ、ドコドコ・・・みたいなリズムで笑っちゃって。

怪物退治のヒーロー物語にならずに、パク家族のおトボケぶりが最高におかしいこの映画。最初に怪物に襲われた人たちの合同葬儀で号泣するパク家族のやりとりが秀逸。早くヒョンソを助けに行かなければ、という時でも律儀にカップヌードルができあがるのを待つパク家族。イケてない家族なんですが、応援したくなります。そして、ナムジュ(ペ・ドゥナ)のアーチェリーをする時の真剣な表情は、とっても素敵!

いい映画だったわ・・・と余韻に浸りたいところだったのに、エンディングテーマの最初の数小節でガクッとなりました。わりと好きなコード進行なのに、なにかがおかしい・・・音楽・・・もっと何とかならなかったのかしら。
[PR]
by km_achin | 2006-08-21 23:45 | 映画・新作