「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

ウェズリー・スナイプス主演の「ザ・マークスマン」


この秋、ウェズリー・スナイプス主演のアクション映画が3本立て続けに公開されるようです。半月ごとの公開なので、慌しいっていうか、ファンにはたまらないというか・・・。と言っても、彼の今までの作品リストを見ても、さっぱり印象に残っていないのですが・・・(すみません)。演技力に定評のある俳優なので、この3作品楽しみかも・・・。
銀座シネパトス他、全国順次公開です。

今回はExciteさんのブロガー限定の試写会があるので、トラックバックで応募しようっと(私も応募しよう~という方は「ウェズリー・スナイプスの大運動会」をポチッと押してブログに載せましょう)。

第一弾
「ザ・マークスマン」
[公開] 9月16日(土)
[監督] マーカス・アダムス
[出演] ウェズリー・スナイプス、エマ・サムズ、ピーター・ヤングブラッド・ヒルズ
ロシアの核兵器工場がチェチェンの反乱軍に占拠された。アメリカ特殊部隊に命じられた任務は仕掛けられたミサイルが発射する前に工場を奪還し、核破壊を回避すること。軍の威信をかけた戦いが今始まる!

第二弾
「デトネーター」
[公開] 9月30日公開
[監督] レオン・ポーチ
[出演] ウェズリー・スナイプス、シルヴィア・コロカ(ヴァン・ヘルシング)
核兵器の密輸組織を破壊させるため、CIA捜査官が単身ポーランドに送り込まれる。核爆弾を手に入れるための資金3000万ドルの隠し場所を知る美しいロシア人女性を連れ出し、無事任務を終えるはずだったが・・・。交錯する情報、迫り来る危機。

第三弾
「7セカンズ」
[公開] 10月14日公開
[監督] サイモン・フェローズ
[出演] ウェズリー・スナイプス、デオビア・オパレイ
プロの強盗団が偶然ゴッホの絵画を持ち逃げしてしまう。絵を追ってきたロシアマフィアに仲間をさらわれた強盗団のボスは、仲間の奪還を試みるが・・・。ゴッホの絵をめぐり、ロシアマフィアと盗みのプロの大争奪戦が繰り広げられる。

[PR]
by km_achin | 2006-08-08 19:22 | 映画・新作