「ほっ」と。キャンペーン

「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

ゲド戦記

e0021004_1864135.jpgアサヒ飲料で「ゲド戦記」の試写会が当たったので、9歳の長男と行って来ました。
画像がとても美しいので、絵画を習っている長男や、油絵を習い始めた私にも勉強になるのではないかな、と思ったからです。

実は、宮崎アニメはかなり苦手。でも、宮崎吾郎監督の第一回監督作品なので、今までとは違うのかな、と思っていたのですが・・・苦手が克服できませんでした。
睡魔と闘いながら(ごめんなさい)、観てました。

アレンの外見と、岡田くんの声のギャップがどうもなじまなかったです。声、低いんだもん。テルーとかハイタカのしゃべりかたも、なんだか違和感が・・・。
アレンは美男子なのかな、と思わせておいて、たまに目の下のクマで、すごい形相になってましたね。他のキャラクターもかなり怖い顔のときがありました。

観終わって長男が「面白かった・・・意味わからなかったけど。」と。多分「面白かった」というのは、私に対する思いやり?
原作を読んでないと、わかりにくいんでしょうか。人気の小説のようですが、6冊も読む気持ちにはなれません・・・。これを機会に長男が読むかな(そのうち)。

今日の試写会は三ツ矢サイダーのおみやげつきでした。
[PR]
by km_achin | 2006-07-09 18:10 | 映画・新作