「ほっ」と。キャンペーン

「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

着信あり

e0021004_1765411.jpg<解説>
この世に恨みを残して死んだ女の霊が携帯電話を通じて伝播し、その死の予告メッセージを受けた者が怪死する事件が発生。そうして親友・なつみを亡くした女子大生・由美にも、死の予告メッセージが届いた。呪いの連鎖を食い止めるべく、同様にして妹を亡くしていた葬儀屋の山下と共に事件の真相を追うことにした由美は、やがて幼い娘を虐待死させた水沼マリエと言う母親の存在を知る。そして、廃病院で彼女の遺体を発見し霊を慰めた彼女は、死を免れた・・・
(goo映画より)
(2004年 日本)

TV放映にて鑑賞。

「着信アリ Final」の上映にあわせて、深夜に「着信あり」が放送されました。

あまり怖くない映画ですね。そういえば、「着信あり」が撮影されたとき、本物のゆうれいが出たとかでテレビで話題になってたような(あんまり覚えていないので違うかも)。柴咲コウがキャーキャー騒いでも、それほど感情移入が出来ないというか・・・。それより、柴咲コウの洗髪シーンの髪の長さが怖かった。おばけかと思いました。

ホラーなんで、画面が暗くて、ほとんどセリフだけで理解せねばならず、ちょっとたいへん。声で誰だか当たりをつけてるような感じです。

それにしても着信のあった女子大生をテレビ局が番組にするシーン、見世物的でかわいそうでした。現実のテレビ番組でもこれに近いようなことが多いような気がします。ワイドショーとか・・・。なんとかならないでしょうかね。

ラストになれば謎がスッキリ解決するのかと思ったんですが、???のままエンドロール。次週放映の「着信あり2」を観ろってことですか。はぁ~。
[PR]
by km_achin | 2006-06-24 17:14 | 映画・旧作