「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

DAISY

e0021004_021132.jpg一ツ橋ホールの「デイジー」試写会に行ってきました。「私の頭の中の消しゴム」チョン・ウソンのファンになったので、待望の新作です。

最初はヘヨン(チョン・ジヒョン)の日常が映され、彼女のかわいらしいこと。
オランダの美しい町並み、デイジーが一面に咲く風景など、とても綺麗な映像と心地よい音楽が流れます。
・・・なかなかチョン・ウソンが登場しません。ジョンウ(イ・ソンジェ)がずーっと映っていて、内心「私の好みのタイプじゃないから、早くウソンが出ないかな」と待ちわびました。

やっとパクウィ(チョン・ウソン)登場!
・・・ん?髪の毛が「私の頭の中の消しゴム」の頃より短いせいか、かっこよさが二割くらい減ったような・・・。一歩間違えばストーカーにもなってしまいそうな危ういところをギリギリで「優しい一途な男」側に来たってところでしょうか(なんだかんだ言ったってジョンウよりいい男だもん)。ヘヨンが川に落ちたシーンとか、ヘヨンのために橋が作られたことなどのシーンはとても好きです。

私はちょっと涙がにじむ程度でしたが、まわりではかなり泣いている方々がいました。

風景は素敵だし、ヘヨンの描く絵も素敵です。どこを切り取っても女性受けしそうな気がしました。映像もゆっくり流れていて、プロモーションビデオのようです。チョン・ジヒョンのファンにはオススメの映画と思います。ホントかわいいのよ。
チョン・ウソンに期待していた私としては・・・もっと「うっとり」するはずだったんだけどなぁ。最後まで冷めて観ちゃいました。
[PR]
by km_achin | 2006-05-17 00:14 | 映画・新作