「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

ラスト・プレゼント

e0021004_2152992.jpg<ストーリー>
ヨンギ(イ・ジョンジェ)は、才能はあるが売れないコメディアン。子供服店の経営で生活を支える妻ジョンヨン(イ・ヨンエ)とは喧嘩ばかりで、夫婦の会話がない。ある日、ヨンギは詐欺師のハクス(クォン・ヘヒョ)ハッチョル(イ・ムヒョン)に1千万ウォンを積めば売れっ子にしてやると持ちかけられる。ジョンヨンの元にも現れた彼等は偶然、彼女が余命幾ばくもない事を知る。
(goo映画より)
(2001年 韓国)

TV放映にて鑑賞。

イ・ヨンエがかわいらしいアイドルのような顔立ちで、目がくぎ付けです。

でも、愛し合ってるはずが、何であんなに喧嘩ばかりするのか、とあまり感情移入できないです。もっと頼ればいいのに、とか余命いくばくもない病気なのにぎりぎりまで夫が気付かないこととか・・・。

ジョンヨンが倒れ、電気ショックをほどこしても目が覚めず、「もうだめだ」と私は覚悟したのに、次のシーンでベットから起き上がってセーターを着ているというのは、どういうことでしょう?救急医療をするときに洋服をはさみで切るシーンがあったように思うんだけど。入院して治療しなくていいのかしら。

詐欺師のハクス(クォン・ヘヒョ)が背の低い舘ひろしみたいです。悪者のはずが、すっかりいい人。この映画の中では一番好きかも。

とはいえ、いまいち入り込めない作品でした。
[PR]
by km_achin | 2006-05-10 22:01 | 映画・旧作