「ほっ」と。キャンペーン

「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

マイ・フレンド・メモリー

e0021004_23371775.jpg<ストーリー>
マックス(エルデン・ヘンソン)は祖父(ハリー・ディーン・スタントン)と祖母(ジーナ・ローランズ)と3人暮らし。犯罪者で服役中の父ケニー(ジェームズ・ガンドルフィーニ)を持つおかげで体格はいいのにいじめられっ子だ。ある日、彼の家の隣にケヴィン(キーラン・カルキン)グエン(シャロン・ストーン)の母子が引っ越してくる。ケヴィンはモルキオ症候群という難病を抱え余命いくばくもないことを知りながらも、優秀な頭脳をいかして前向きに生きていた。マックスはそんなケヴィンから用心棒を頼まれ、た。二人は不良グループのリーダーのブレード(ジョー・ペリーノ)らのいじめにも打ち勝って、信頼で結ばれるようになっていく。だが、そんな矢先ケヴィンは学校で倒れて入院し、グエンは医師からケヴィンの命の期限を宣告されショックを受ける。
(goo映画より)
(1998年 アメリカ)

TV放映にて鑑賞。

クラスのいじめっ子たちが嫌なヤツなんです。嫌なヤツどころか、街でひったくりはするわ暴行事件は起こすわで、犯罪者じゃないの。いじめっ子のリーダーのブレード(ジョー・ペリーノ)はやたらかっこいい人なので、なんか悔しい。

グエン(シャロン・ストーン)はさすがに綺麗だなぁ。優しいお母さんでうらやましくなってしまう。

マックス(エルデン・ヘンソン)は最初おとなしかったのが、ケビン(キーラン・カルキン)と一緒に過ごすうちに、言いたいことを言えるようになる成長ぶりに「よっしゃぁ!」と思わず応援したくなります。
ケビンは頭がいいし、友達を笑わせるのも上手。特にランチの時の麺で形態模写をしているのが面白かったですね。

要所々々に出てくるロレッタ(ジリアン・アンダーソン)がいい味出してます。魔女みたいな風貌なんですが、いろいろ助けてくれるんですよね。

ちょっとホロッとさせてくれる友情が美しく描かれた映画でした。
[PR]
by km_achin | 2006-04-29 23:39 | 映画・旧作