「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

イナフ

e0021004_22561316.jpg<ストーリー>
優しく裕福な夫ミッチと共に、何不自由ない幸せな結婚生活を送るスリム(ジェニファー・ロペス)。ところが娘が5歳になった頃、夫が変貌し始めた。妻の主張や抗議は全てはねつけ、暴力で家族を従わせようとする支配欲の塊となったのだ。暴力に耐えかねたスリムは娘を連れ逃げ出すが、ミッチは彼女のどんな動きも把握し、執拗に追い詰める。迫りくる恐怖の“愛"から逃げ続けることも限界に達した彼女は、女として母として最後の力を振り絞り、ある決断を下す……。
(goo映画より)
(2002年 アメリカ)

TV放映にて鑑賞。

ミッチ(ビリー・キャンベル)が怖いのよ。何をするか読めない狂気があって。
最初の一時間は「観るのやめちゃおうかな」と思うくらいストレスがたまる展開です。
この気色悪い夫から、どうやって逃げるのか、とそれだけを頼みの綱に最後まで観ました。

子役のテッサ・アレンが小さいのに演技が上手。カーチェイスに巻き込まれて、後部座席で泣き叫ぶところなんて、ほんとに車をがんがんぶつけられてムチウチになっちゃうんじゃないの?と心配になるくらい。

とりあえず、後半はスカッとする展開になってよかった。ジェニロペかっこいいしね。でも、何回も観るパワーはないかも・・・。
[PR]
by km_achin | 2006-03-29 23:01 | 映画・旧作