「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

イーオン・フラックス

e0021004_12163548.jpg「イーオン・フラックス」は迫力ある映像と音響で、「映画館で観てよかった」と思わせる映画でした。上映時間が短いので、こんなに面白いんだから、もうちょっと観たかったなって思います。

序盤はちょっと難解で、誰が味方なのか敵なのか判りづらく、脳みそフル回転で字幕を追っていたんですが、だんだんわかってくると、面白くスカッとします。途中映画「アイランド」を思い起こさせるようなシーンとかが出てきました(私、「アイランド」も大好きです)。

それにしてもイーオン(シャーリーズ・セロン)の身のこなしの軽さよ。ピョンピョンとかクルクルとか(語彙が稚拙ですみません)、とても人間技とは思えないアクションというか新体操というかサーカスというか・・・。これって全部本人がやってるの?
足が長くて、おしゃれにアレンジしたもじもじくんみたいなコスチュームでもあんなに素敵なんだもの、うっとり惚れ惚れしちゃいます。
また、寝巻き(下着?)もスゴかったです。ちょっと太い帯くらいのでバストを覆っているんですが、セクシーというより、あまりにもスタイル良すぎて全然イヤラシクないです。いつも厚着して(フリースとか着て)寝ている私からすれば、あれは裸で寝ているようなものです。

イーオン以外の女性たちって、かなり特徴のある顔立ちでした。ちょっと怖かったです。

予告編ではあまりピンと来なかった映画ですが、面白かったですよ。
[PR]
by km_achin | 2006-03-13 22:35 | 映画・新作