「ほっ」と。キャンペーン

「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

ビューティフル・マインド

e0021004_22553527.jpg<ストーリー>
プリンストン大学大学院の数学科から優秀な成績でウィーラー研究所に進んだナッシュ(ラッセル・クロウ)は、周りに変人扱いされながらも数学の研究に没頭。ある時、諜報員パーチャー(エド・ハリス)にソ連の暗号解読を依頼される。世界の危機を救うことに喜びを感じ、密かにスパイ活動を続けるナッシュ。そんな彼にとって講師の仕事はつまらないものだったが、聴講生のアリシア(ジェニファー・コネリー)と愛を交わすようになり、2人は結婚する。結婚後も極秘でスパイの任務は続いていたが、プレッシャーは大きくなり、命の危険を感じる出来事も重なる。やがてナッシュは幻覚に悩まされるようになった。
(goo映画より)
(2001年 アメリカ)

TV放映にて鑑賞。

何の予備知識もなく観たところ、感動してしまいました。
ラッセル・クロウが、おどおどしたような、ちょっと変人っぽい役を実にうまく演じていて、引き込まれました。
諜報員パーチャー(エド・ハリス)にソ連の暗号解読を依頼されてからというもの、ハラハラするような事件にまで発展し、とても面白いです。

大学時代からの親友とその姪に決別しようとするあたりから泣けてきました。あの親友は、いつでもそばにいて、ナッシュを励まし続けてきたんですもの。

年老いたナッシュとアリシアの役は別の人に頼んでもよかったのでは、と特殊メイクの不気味さを見て思いました・・・。ちょっと怖かったなぁ。
[PR]
by km_achin | 2006-02-21 23:00 | 映画・旧作