「ほっ」と。キャンペーン

「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

雨鱒の川

e0021004_15565473.jpg<ストーリー>
母(中谷美紀)と2人で暮らす心平(子役・須賀健太)は、絵を描くことが大好きな8歳の少年。幼なじみの小百合(子役・志田未来)は聴覚が不自由だが、心平とは意思が通じ合う。ある日、心平の描いた雨鱒の絵がパリの絵画展で特賞に選ばれた。祝賀会の夜、母は雪道で倒れ喜びに浸りながら息を引き取る。14年後、小百合の父、高倉(阿部寛)の酒造で働いていた心平は、高倉の計らいで絵を描くために東京へ出ることに。雨鱒の川も小百合もいない東京で、何も描けずにいた心平(玉木宏)に故郷から小百合(綾瀬はるか)の結婚を知らせる手紙が届く。
(goo映画より)
(2004年 日本)

TV放送にて鑑賞。

おっ、この子役は「ALWAYS 三丁目の夕日」や「喰いタン」で活躍している須賀健太くんだね。
ひとりごととか、「あはははは」って笑いが棒読みだけど、「三丁目の夕日」では随分上手になったんだね。

真面目な話なんだけど、ストーリーで「おやおや」と思うことがしばしば。
パリの絵画展で特賞に選ばれた作品が気に入ったといって、新規開店する店の壁画をいきなり依頼するか?
特賞に選ばれてすぐならともかく、選ばれたのは小学生低学年のときだよ?それから10年近くも経っているのに。

大人になって心平が同級生と再会し、「心平くんって全然変わらないのね」って言われるんだけど、十分変わっていると思う。

あと、かけおちするのにイカダで逃げるの。えぇ、イカダァ?
雨鱒の川 がテーマだとはいえ、川くだり(しかもなんだか寒そうな季節)でズボンがびしょびしょになっちゃって・・・・。

つっこみながらも、ラストの綾瀬はるかの訴えるシーンで、ほろっときちゃいました。綾瀬はるかっていいなぁ。
[PR]
by km_achin | 2006-02-17 15:52 | 映画・旧作