「ほっ」と。キャンペーン

「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

ロング・キス・グッドナイト

e0021004_2149873.jpg<ストーリー>
8年前、ニュージャージー州の浜辺で倒れていたサマンサ・ケイン(ジーナ・デイヴィス)は、全ての記憶を失っていた。以来彼女は小学校の教師をしながら、優しい夫ハル(トム・アマンデス)と8歳の娘ケイトリン(イヴォンヌ・ジーマ)と幸せな日々を送っていた。ところが、クリスマス・イヴに交通事故に遭い、その衝撃で断片的に記憶が甦る。退院したサマンサをある夜、片目の男が襲撃するが、彼女は無意識のうちに体が反応して戦い、相手の首をへし折ってしまう。不安に陥った彼女は、自分の過去を調査するために雇った私立探偵のミッチ・ヘネシー(サミュエル・L・ジャクソン)と共に、失われた記憶を探す旅に出た。
(goo映画より)
(1996年 アメリカ)

TV放映にて鑑賞。

普通の主婦として8年暮らしていたサマンサ・ケイン(ジーナ・デイヴィス)が実は腕利きのCIAの暗殺専門の特殊工作員だったという設定が、やけにかっこいいではないですか。
私だって、今は普通の主婦だけど実は8年前にオリンピック出たんですよ、とかすごく売れたアイドル歌手だったのよ(・・・両方ともウソです。ごめんなさい)・・・なぁんてことがあったら楽しいと思うもの。

この映画を観るまでジーナ・デイヴィスを知らなくて、とびきりの美人ってわけでもなく(失礼!)、主婦役がはまっているなぁ、と思いました。
ところがですよ。途中で失われた記憶が戻って、昔CIAだったころの彼女に戻ったとたん、厚化粧になるんですよ。厚化粧っていうか、目の周り真っ黒になってね。「博士の愛した数式 」の浅丘ルリ子の化粧にも引きましたが、その3倍くらいの塗りでしょうか。

アクション映画として楽しめました。
[PR]
by km_achin | 2006-02-07 22:07 | 映画・旧作