「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

OUT

e0021004_20311235.jpg<ストーリー>
東京郊外にある弁当工場で働く雅子(原田美枝子)、ヨシエ(倍賞美津子)、邦子(室井滋)、弥生(西田尚美 )は、それぞれに問題を抱えていた。雅子は家庭崩壊、ヨシエは寝たきりの姑の介護、邦子はローン地獄、そして身重の弥生はギャンブル狂いの夫からの暴力。ある日、弥生が衝動的に夫を・・・
(goo映画より)
(2002年 日本)

TV放送にて鑑賞。

お弁当工場で働く女性達の日常を描く作品かと思ったら、あれよあれよという間にトンデモナイ展開に。
背筋も凍る怖い出来事なのに、雅子(原田美枝子)、ヨシエ(倍賞美津子)、邦子(室井滋)のテンポのよいやりとりに思わず笑いが出てしまいました。

面白い!こんなに笑えるなんて!
ゴミ袋で作った服も、なかなかのセンスのよさです。

原田美枝子がかっこいいです。頼れる姐さんって感じです。とても家庭に問題を抱えてるとは思えないくらい、素敵。
姐さんに惚れる十文字(香川照之)のくどき言葉もいいんですよ。

goo映画によると、この作品は第26回日本アカデミー賞優秀主演女優賞(原田美枝子)、優秀助演女優賞(倍賞美津子)、優秀監督賞受賞、第57回毎日映画コンクール日本映画優秀賞、監督賞、脚本賞受賞、第15回日刊スポーツ映画大賞助演男優賞(香川照之)受賞、日本映画ペンクラブ賞日本映画第3位、第24回ヨコハマ映画祭2002年日本映画ベストテン第2位、監督賞、撮影賞受賞作品と、かなり評価が高かったのですね。

あのおかしいやりとりはもう一度観たいとは思うんですが、残酷なことを想像させるシーンがいっぱいあるので、どうしようかな、と悩みます。夢に出てきそう~。でも観たい。
笑いだけでなく、人間ドラマもいい感じに盛り込まれているので、おススメの映画です。
[PR]
by km_achin | 2006-01-03 20:44 | 映画・旧作