「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

ファミリー・ツリー

e0021004_16505913.jpgアカデミー賞でジョージ・クルーニーが主演男優賞を獲れるかどうかで話題になっていた作品。

ジョージ・クルーニーといえば、クールで、アクション映画でもカッコイイというイメージなのですが、この映画では、年頃の娘の扱いに困っているお父さん。慌てて走っている姿が、走り慣れてない、情けない感じを醸し出していて、なんともいいんだわ。妻の浮気相手のジョギングの颯爽とした走りにも微妙に負けているところや、ストーカーのように浮気相手を下手くそに見張る感じも、いい味出してました。主演男優賞獲らせたかったな。

扱いにくい長女や、思ったことをすぐ口に出す次女の性格も大丈夫か?と心配が盛りだくさんで、あまり共感できないかも?と思ったけれど、長女がお父さんが悩みを共有することでどんどん頼もしくなっていくところがとてもいいです。

長女のボーイフレンドのシド(ニック・クラウス)はすぐ「マジで?」と言い、空気も読めなければ礼儀も知らず、「なんでこんなヤツとうちの大事な娘が仲良くしているんだ」とお父さんの落胆ぶりも手の取るようにわかります。何度も殴りたくなる気持ちをこらえるお父さん。でも、こんな大変な時期だからこそ、ちょっと能天気そうなシドが一緒にいることで、気持ちが落ち着くことも。

浮気相手の家族のことも、あの展開があったからこそ、気持ちの整理がちょっとつくというか、詳しくは言えませんが、うまくできていると思いました。

とても好きな映画です。
[PR]
by km_achin | 2012-05-31 17:14 | 映画・新作