「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

愛する人

e0021004_1128836.jpg<ストーリー>
51歳の女性カレン(アネット・ベニング)は老いた母親とロサンゼルスで二人暮らしをしている。37年前、14歳の時に産んですぐに手放した娘のことばかりを思い、彼女に手紙を書く事を日課としていた。37歳のエリザベス(ナオミ・ワッツ)は、母を知らずに育った女性。各地で弁護士としてキャリアを積み、故郷のロサンゼルスに戻って来ていた。何事にも執着しない彼女だが、会社の上司ポール(サミュエル・L・ジャクソン)の子を妊娠した事をきっかけに、37年前に自分を手放した母を捜そうと決心する。
(goo映画より)
(2009年 アメリカ=スペイン)

WOWOWにて鑑賞。
映画の冒頭は、いろいろな女性のエピソードが出てくるので、どんな話になるのか、うまくつかめませんでした。
カレン(アネット・ベニング)はかなり気難しくて、この人は対人関係がうまくいかないような感じで、ずっと家事の手伝いに来てくれていた女性ともギクシャクして、いつ出て行かれてもおかしくない。
エリザベス(ナオミ・ワッツ)は、美貌と知性で男性を手玉に取り、小悪魔というか大魔王というか、あなたの目的は幸せな家庭の崩壊なのか??と、とても感情移入できそうにもありませんでした。

ところが、彼女たちを温かく見守る男性のおかげで、表情が柔らかくなり、角も取れて、とてもいい感じに。
バラバラだったエピソードがどんどん絡まってくるにつれて、涙、涙・・・・。
久々に大号泣ものの映画です。

原題はMOTHER AND CHILD
なるほど。
母と子のエピソードがとても温かい気持ちにさせます。
優しい男性も出てきますが、影が薄く、ストーリーを成り立たせるためにちょっと端折ったところもあるかも。

カレンの笑顔に癒される映画でした。涙を拭くタオルのご用意を。オススメです。
[PR]
by km_achin | 2012-01-10 11:47 | 映画・旧作