「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

インセプション

e0021004_15293657.jpg久しぶりにレディースディで映画を観にいこうと思い立ち、上映作品の中でピン!ときたのがインセプション
台風も上陸しそうだし、多少天候が心配でしたが、ええいっ!とばかりに鑑賞したところ、これが大当たりの面白い作品でした。上映中何度も鳥肌が立ってしまいましたよ。

先月、「悪夢探偵」と「悪夢探偵2」を立て続けにWOWOWで放映していて、これらは松田龍平主演の「他人の夢の中に入り込める特殊能力を持った青年の活躍するサイコサスペンス」というものだったのですが、「悪夢探偵」より「悪夢探偵2」の方がよくなっているものの、いらん映像ばかり入っていて、無駄にストーリーを長くしているように思えて惜しい!って感じだったんです。インセプション夢に入り込んでという設定なので、どうかな~、と疑心暗鬼でしたが、映画が始まったところから、入り込めました。
夢と現実で無理やりこじつけられたら、気になって入り込めなくなるんですが、私はまんまとインセプションの世界に浸り、夢だろうが現実だろうが、迫力があって、飽きさせないシーンの連続に、感動してました。

コブ(レオナルド・ディカプリオ)モル(マリオン・コティヤール)を夢で生かし続けているというくだりが何度も出てきますが、だんだん私にも意味がわかってくる過程がよかったです。

コブのチームの面々も、みんながそれぞれ大活躍で、かっこよかったです。特にアーサー(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)の仕事っぷりといったら!
ある意味、コブより仕事してるんじゃないかと。静と動で言ったら、コブとモルが静で、話し合ったりするシーンが異様に長く、見ている私は「事態が事態なんだから、もっと急いでっ!」と言いたいところですが、ゆーったりと時が流れます。対してアーサーは1秒たりとも無駄にせず、任務を遂行していて、もぅ、かっこいいったら。無重力格闘シーンも見逃せません。
あっ、コブもかっこよかったけど。
サイトー(渡辺謙)も、航空会社を買ったから、とサラッと言っちゃって、その金持ちぶりにグッときちゃいますわ。

できれば続編(同じメンバーで)を作ってくれるとうれしいわぁ。

こういう大作はぜひ劇場で振動も体感しつつ、鑑賞することをおススメしたいです。
[PR]
by km_achin | 2010-09-08 16:03 | 映画・新作