「ほっ」と。キャンペーン

「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

アイアンマン

e0021004_13453865.jpg<ストーリー>
軍事企業CEOにして天才発明家のトニー・スターク( ロバート・ダウニー・Jr)は、武器のデモで訪れたアフガンで武装集団に拉致され、兵器開発を強要される。彼は医師インセンと共に兵器開発をするフリをしながら脱出用のパワードスーツを製作し、命からがらの脱出を果たす。帰国後トニーは自社の軍事産業からの撤退を発表。自らは自宅の作業部屋に篭って、新型パワードスーツの開発に没頭する。彼の周囲は恐ろしい陰謀がうごめいているとも知らずに……。
(goo映画より)
(2008年 アメリカ)

WOWOWにて鑑賞。
前半は、アフガンを攻撃するためにアイアンマンになったのか?、と重~い気持ちになりましたが、トニーが武器を作る会社に嫌気がさして方向転換したあたりで、面白くなりました。
合金のメカも美しく、メカを開発しているシーンも近未来的でかっこよかったですねぇ。トニーの右腕とも言えるロボットも愛らしかったです。
悪者もアフガンの武装集団でなく、それとつながりのあるアノ人が浮かび上がってきたので、ホッとしました。
アイアンマンに敵対するアイアンマンもどき(!?)が出てきた時は、マンガ的で失笑してしまいました。生身の人間が入っているのに、やたら大きい!

アイアンマンがかなり高い空まで行くシーンがあり、凍ってました。先日のニュースで、飛行機の車輪の格納庫に人がいて凍死していたと言っていましたよね。私はあのニュースで初めて上空がそこまで寒いと知りました。細かいことまでアイアンマンでは表現していました。今までのロボットものの映画だと、凍るところまでは表現していなかったように思います。

もうすぐアイアンマン2が上映されますね。アイアンマンは、続きが気になる終わり方だったので、楽しみです。
メカがさらにかっこよく進化するのか、と~っても気になっています。
[PR]
by km_achin | 2010-02-14 16:00 | 映画・旧作