「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

インビクタス/負けざる者たち

e0021004_2084114.jpg1月27日、科学技術館の「インビクタス/負けざる者たち」の試写会に行ってきました。
以前WOWOWで「マンデラの名もなき看守」を観て、ネルソン・マンデラを尊敬し、興味を持っていたので、ぜひ観たいと思っていた映画です。
ネルソン・マンデラを演じるのがモーガン・フリーマンモーガン・フリーマンの映画にはハズレがないと思っているし、クリント・イーストウッド監督作品なので、「グラン・トリノ」並に感動するのでは、と期待が高まります。

南アフリカ共和国初の黒人大統領に就任しましたが、白人は暴動が起きるのでは、と怯え、黒人は今まで白人にされてきた仕打ちを許すことはできません。双方の思いがよく伝わってきました。
ラグビー選手も差別的な思考が強く、どう歩み寄っていくのかがとても興味があったのですが、心の変化が私には伝わりにくかったです。

マンデラの人徳の高さはとてもよく伝わってきました。ラグビー選手の名前を全員覚えて声をかけるなんて、グッときます。それにしても、だいぶヨボヨボしていて、演技なのか、地なのか、と・・・・。

マット・デイモンの表情も、シリアスでよかったです。チームのメンバーに無理強いするわけでもなく、よくまとめたものです。

ラクビーって、とても激しいスポーツですね。120kgの巨漢に体ごとぶつかっていくなんて、並大抵のトレーニングでは首が折れてしまいそう・・・。うちの軟弱、虚弱な息子たちにはとてもできそうにありません。
映画の中で、ちょっとだけ日本のラグビーチームの成績が話されるシーンがあり、失笑してしまいました。

次のクリント・イーストウッド監督の作品にも期待してまーす。
[PR]
by km_achin | 2010-01-29 20:57 | 映画・新作