「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

グラスハウス

e0021004_17432252.jpg<ストーリー>
友だちとの遊びから帰ってきた女子高校生ルビー・ベイカー(リーリー・ソビエスキー)を待ち受けていたのは両親の交通事故死という突然の訃報。ルビーと弟のレットは二人きりで取り残されてしまう。しかし、二人には400万ドルの遺産が残されていた。そして、二人が成人するまでは両親の遺言に従って、昔の隣人で心優しいグラス夫妻が面倒を見ることになる。姉弟は住み慣れた家を離れ、美しいマリブ・ビーチのグラス夫妻のもとへと引き取られていく。そこはガラス張りの美しい豪邸。姉弟は親切なグラス夫妻の心遣いで恵まれた環境の下、新しい生活を始めるのだったが……。(Yahoo!映画より)
(2001年 アメリカ)

WOWOWにて鑑賞。
どうなるのか気になって集中して見てしまいました。
マイナーな映画かと思ったら、ダイアン・レインがグラス夫妻の妻エリンの役で出ていました。

先日観た「パブリック・エネミーズ」にも出演しているリーリー・ソビエスキー(何の役だかさっぱり思い出せません・・・)が主役のルビーを演じていますが、肌の露出がやけに多く、サスペンス映画なんだけれど、違う意味でヒヤヒヤします。
一緒に暮らすことになったテリー・グラス(ステラン・スカルスガルド)がルビーに近づくだけで、どうもセクハラっぽく思えてしまうのです。そんな私の心配をよそに、だんだんテリーの本性が見えてきて・・・

400万ドルの遺産を残された子供たちが、もう何年も交流のない夫妻に引き取られるのも胡散臭いといえば胡散臭いのですが、だんだんストーリーが読めてきたぞ、と思うところで意外な展開もあり楽しめました。
[PR]
by km_achin | 2009-12-26 18:20 | 映画・旧作