「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

パブリック・エネミーズ

e0021004_19521617.jpg久々、レディースディの休日、友人のお誘いで「パブリック・エネミーズ」を鑑賞してきました。

ええ、もちろん今日の目的はジョニー・デップ鑑賞ですわ。
1930年代の刈り上げた髪型のかっこよさ。帽子も似合っていて・・・。ふふふ。
銀行強盗するのに、ヒラリとカウンターを飛び越える身の軽さも素敵だったし、久々にビリー(マリオン・コティヤール)と再会したときの笑顔も素敵。
他の人がかけたらどうかと思うようなデザインのサングラスも、彼がかけるといい感じに。

ジョン・デリンジャー(ジョニー・デップ)が脱獄する映画っていうから、冒頭のシマシマの囚人服集団にいるのかしら?ワクワク・・・と思ったら、いませんでしたね(笑)
デリンジャーのことも知りたいけれど、メルヴィン・パーヴィス(クリスチャン・ベイル)のひらめきや苦悩などももっと描いてほしかったなぁ。最後の字幕のときにメルヴィンのその後のこともわかったので、なるほど、と思える経過も知りたかったですね。

銃撃戦のシーンはすごーーーーく長かったです。なにもそこまで!というくらいに。私の耳もどうにかなりそうですが、現場の騒音はいかばかりか。途中(うっかり)睡魔に襲われましたが、激しい銃撃戦の度にスクリーンに意識が戻されました。あぁ、せっかくのジョニー・デップ鑑賞なのに睡魔に襲われるとは。

指名手配犯が近くにいても、結構気づかれないものなだなぁ、と改めて思った映画でした。
[PR]
by km_achin | 2009-12-23 20:39 | 映画・新作