「ほっ」と。キャンペーン

「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

サブウェイ123 激突

e0021004_16265516.jpg友人からもらった9月30日の期限の映画チケットで、昨日「サブウェイ123 激突」を観てきました。

ウォルター・ガーバー(デンゼル・ワシントン)ライダー(ジョン・トラヴォルタ)のやりとりが緊迫していて、とてもよかったです。どうかライダーを怒らせませんように、と願いながら観ていると、ちゃんとウォルターは流暢に受け答えしてくれて・・・。
カモネッティ警部補(ジョン・タートゥーロ)がしゃしゃり出てきて、あわや台無しになりそうなところを、ウォルターに変わったところなどは、小気味いい感じでした。

一千万ドルを輸送するのに、白バイや輸送車を派手に事故らせてみるのは、さすがハリウッド映画!というシーンでした。
そして
パトカーや白バイが走るたび、私の頭の中では「ピーポーピーポー♪
NO MORE! 映画泥棒」のCMがうずを巻きます。

一時間のタイムリミットがどんどん迫るので、観ているこちらもドキドキ。残り時間の見せ方もかっこよかったです。

終盤、流れ弾が市民にめちゃくちゃ当たってしまいそうな銃撃戦のシーンがあり、それはやりすぎでは?とも思いました。ストーリー上でもそこまでは必要なかったのではないでしょうか。

とても楽しめる映画でした。
[PR]
by km_achin | 2009-10-01 16:56 | 映画・新作