「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

20世紀少年<最終章>ぼくらの旗

e0021004_17294348.jpg20世紀少年は1作目はテレビで観て、2作目のテレビ放映はうっかり見逃し、何の予習もなく、もちろん原作も未読のまま、20世紀少年<最終章>ぼくらの旗を鑑賞してきました。
内容がわかるか心配だったのですが、冒頭でかいつまんで説明もあったので、親切でした。

それにしてもエキストラの数にびっくりです。
このエキストラの人たちがそれぞれ友人、家族を連れて映画鑑賞に行くだけでも凄い観客動員数になりそうです。公園をびっしり埋め尽くす人の数は、どこまでがリアルで、どこまでがCGなのか・・・。
大掛かりなメカといい、お金をふんだんにかけただけあって、ハリウッド映画に負けないど迫力の映像です。日テレってお金持ちなのねぇ。
映画ではあまり見かけないタレントも大勢出演していましたね。
エンドロールに載っていたR・Kさん。「あれ、この人出ていたかな?」と思ったら、エンドロールのあとの大事なシーンで出ていました。なるほど。

子供の頃の人間関係。自分ではとっくに忘れているのに、相手にはキョーレツな想い出として残っていたり。逆に、相手は覚えていないのに、自分にはつらい想い出だったり、楽しい想い出だったり。
大人になった今なら、あの時もっとうまく立ち回れたかも、と思えることもあるかもしれません。
少しノスタルジーに浸れる所もあり、面白い映画でした。

ケンヂ、いい人だったな。
[PR]
by km_achin | 2009-09-20 17:57 | 映画・新作