「ほっ」と。キャンペーン

「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

容疑者Xの献身

e0021004_16372615.jpg<ストーリー>
天才物理学者・湯川教授が生涯で唯一天才と認めた男・天才数学者の石神哲哉は、娘と二人で暮らす隣人・花岡靖子に淡い思いを抱いている。ある日、靖子の元夫・富樫が死体となって発見された。離婚後も何かと靖子たちに付きまとい、どこへ引っ越しても現れては暴力を振るっていた富樫。元妻である靖子が容疑者として捜査線上に上がるが、彼女には完璧なアリバイが存在していた…。(goo映画より)
(2008年 日本)

WOWOWにて鑑賞。
ドラマは一回も観ていないので、どうだろうと思いつつの鑑賞でしたが、面白かったです。
最初から、犯人もわかっているので、どう湯川教授(福山雅治)が謎解きをするのか、石神(堤真一)が逃げ切れる技(?)を繰り出すのかが楽しめました。
いい人に見えるが、石神はストーカーなのか!?と観客を惑わすエピソードも盛り込まれ、ゾゾッとさせます。
堤真一の演技が素晴らしく、冴えない風貌でストーカーに見えなくもない微妙な男性になりきっていました(他の映画だとかっこいいんだけど)。
福山雅治の綺麗な顔立ちと素敵な立ち姿との対比が際立っていたのも、よかったです。

ラストでは、泣けてしまいました。思いのほか面白かったので、ドラマも再放送したら、今度は見てみたいですねぇ。
[PR]
by km_achin | 2009-08-30 16:51 | 映画・旧作