「ほっ」と。キャンペーン

「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

ハリー・ポッターと謎のプリンス

e0021004_1615317.jpg子供たちが夏休みに入ってからというもの、息子は部活やら合宿やらで、私は仕事があり、なかなか予定が合わず、ようやく今日、「ハリー・ポッターと謎のプリンス」を観てきました。

時間をかけて製作しただけあって、見ごたえ充分です。
年々、ハリー(ダニエル・ラドクリフ)が頼もしくなっていきますが、今回もダンブルドアの片腕となって活躍します。
ドラコ・マルフォイ(トム・フェルトン)との一騎打ちはスピード感があり、かっこいいです。もっとアクションシーンがあってもいいくらい。ドラコと言えば、前作「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」では、すっかりイケメンに成長していて、ハリーの宿敵にふさわしいわ、と思っていたのですが、今回は若干違う印象(病的な感じ)になっていて、配役が変わったかしら?と思ってしまいました。今まではオレ様ぶりが鼻持ちならず、いつも子分を引き連れている嫌なヤツだったのが、今回は自信喪失している!?弱い部分が垣間見えて、少し同情したくもなります。闇の帝王ヴォルデモートの手下の中では、下っ端なので次回作では可愛そうなことになるのではないかと心配です。いや、今までさんざんハリーをいじめてきたので、心配するほどのことでもないか・・・。

それにしても、どうしちゃったのロン(ルパート・グリント)。モテモテじゃない!?
原作でモテモテになっているからしょうがないとはいえ、絵にならないわぁ。どこがよくて?
校内、どこもかしこも、いちゃいちゃするカップルばかりで、「ちょっとは先生が注意しろっ!」と思うところも。
私はハリーとハーマイオニー・グレンジャー(エマ・ワトソン)がカップルになるのが、一番しっくりくるのですが、まぁ、物語はまだ続くから、多少寄り道が必要なのね、と勝手に解釈してます。

あと2作。息子たちも期待してます。早く上映してくれないかしら。
[PR]
by km_achin | 2009-08-04 17:27 | 映画・新作