「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

ラスベガスをぶっつぶせ

e0021004_1194971.jpg<ストーリー>
マサチューセッツ工科大学の学生ベン(ジム・スタージェス)はある日、並外れた数学的資質を教授(ケヴィン・スペイシー)に見込まれ、ブラックジャックの必勝法を編み出した天才学生チームに誘われる。チームに参加した彼は仲間たちと日夜トレーニングを重ね、卓越した頭脳とチームワークを駆使してラスベガス攻略に挑む。(シネマトゥデイより)
(2008年 アメリカ)

WOWOWにて鑑賞。
おもしろかったわぁ。ロードショーの時から観たかったのですが、予定があわず映画館では観られなかったのですが、とても面白いです。

ボストンでの冴えないベン(ジム・スタージェス)がラスベガスで自信をつけてセレブらしくなっていくところや、仲間割れや、今までの友人との仲たがいなど、エピソードが盛りだくさんです。やっていることの規模は違えど、普通の学生たちが経験する友情や恋、理不尽な教授との関係がとても上手く描かれているので、とても共感できます。
ブラック・ジャックのやり方が私はよくわからないので、ベンの凄さがあまりわからないのですが、紳士服の販売員時代のベンの暗算は感嘆します。私は筆算もままならないもので・・・。
我が家の息子にも「頭のよい学生の物語」として見せようかとも思ったのですが、しばしばお色気シーンが入るので、いまのところ不向きかも。タイトルだけ見て、うちの小4の息子は「観たい」と言っていたんですがねぇ。

カジノの警備員コール(ローレンス・フィッシュバーン)が頭は切れるし、腕っ節は強いし、顔も怖いしで、これからどうなるのかとハラハラします。

ジル(ケイト・ボスワース)の変装はいつも素晴らしく、別人に見えますが、他の人はバレバレな感が・・・。ベンの付け髭は、童顔に似合わず、違和感ありあり。

映像が綺麗だし、後味がとてもいい映画で、おススメです。
ちなみに我が家は先週、液晶テレビを買い換えたので、POPな色合いがとても綺麗に映るようになりました。しばらく、新しいテレビで映画三昧の日々を送ります。ふふふ。
[PR]
by km_achin | 2009-07-09 11:44 | 映画・旧作