「ほっ」と。キャンペーン

「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝

e0021004_17285697.jpg<ストーリー>
幸福だが退屈な日々を過ごしていたリック(ブレンダン・フレイザー)エヴリン(マリア・ベロ)の夫妻は、秘宝「シャングリラの眼」を届ける任務を受け、一路上海へ。ジョナサン(ジョン・ハナー)や息子アレックス(ルーク・フォード)と再会し、アレックスが発掘した皇帝のミイラを見学しに向かうが、皇帝の復活を目論むヤン将軍(アンソニー・ウォン)に襲われてしまう。「シャングリラの眼」を手にしたヤン将軍は、秘宝の力で皇帝のミイラを目覚めさせることに成功。リックたちは謎の女性リン(イザベラ・リョン)と共に逃亡した皇帝(ジェット・リー)とヤンを追うが……。(goo映画より)
(2008年 アメリカ)

WOWOWにて鑑賞。
暇つぶしに観ると楽しい作品ですね。
(以下ネタバレあり)
この出演者の中では、皇帝(ジェット・リー)をかっこよく撮って欲しいと思ったんですが、凛々しい皇帝の姿のときと、ギャグとしか思えないシーンがふんだんに盛り込まれ・・・笑えました。
中でも、皇帝が不死の泉に入った後の映像が秀逸です。泥人形がかっこよい皇帝に生まれ変わるのかと思っていたら、顔がポンッ、ポンッ、ポンッ、と三つ。
ひぃ~。
監督はかっこよく撮ろうとは思っていないわけですね。

中国の街中のカーチェイスも、あっ、カーレースとは言わないか、馬だし・・・派手でスピード感があり、迫力がありました。花火が盛大にあがっているような鮮やかさです。
雪崩も迫力でした。

皇帝とツイ・ユアン(ミシェル・ヨー)の対決がかっこよかったです。できれば、娘のリン(イザベラ・リョン)に仇をとってもらいたかったのになぁ。死と引き換えに奪ったあの剣をリックに持っていかれちゃって、「えぇ~っ」。主人公がリックなんだからしょうがないとはいえ、ストーリーのつながりからすると、リンに花を持たせてやりましょうよ。

怪物が出てきたり、イエティがでてきたり、泥軍団が出てきたりと、やりたい放題で、深く考えずに楽しめる作品でした。
[PR]
by km_achin | 2009-07-03 18:26 | 映画・旧作