「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

ひぐらしのなく頃に

e0021004_2021922.jpg<ストーリー>
昭和58年初夏、圭一(前田公輝)は東京から人口2000人の雛見沢村に引っ越して来る。彼は分校で委員長の魅音(飛鳥凛)レナ(松山愛里)ら親切なクラスメートにも恵まれ、田舎での生活を満喫していた。しかし、夏祭りの晩に村の撮影に来ていたカメラマンが死亡するという事件が起き……。(シネマトゥデイ)
(2007年 日本)

WOWOWにて鑑賞。
WOWOWで録画予約したときに、「ひぐらしのなく頃に」というタイトルを見て、勝手に「ラヴェンダーの咲く庭で」とか「麦の穂をゆらす風」のようなミニシアター系の洋画かと思っていたので、見てびっくり。
邦画のミステリーっつうか、ホラーっつうか、ちょっと怖い系の映画でした。

転校してきた当時の圭一(前田公輝)のブスッとした表情と、一ヶ月してかわいいクラスメートの女の子たちにチヤホヤされてデレデレになっている表情の違いが見ものです。

若い子の演技がいまいち(でも萌え系の衣装のレパートリーは秀逸)ですが、ベテランの中でも鷹野三四(川原亜矢子)のクサイ演技は何かウラがあるのか、と疑いたくなるくらい不自然でした。う~む。
その点、大石蔵人(杉本哲太)が出てくるとしまるわぁ。事件を解決するために指揮をとっているところがよかったですね。

何も解決しないままエンドロールが流れて、これで終わりかよ!と劇場で観ていたらツッコムところですが、映画でなく連続ドラマだと思えばまぁ許せるレベル。これは4話とか5話くらいまで続くんでしょうか。
WOWOWで一挙放送とかされたら観たいなぁ。

続きは今までの伏線がちゃんと生かされて、つじつまが合うように作ってほしいです。
[PR]
by km_achin | 2009-05-30 21:12 | 映画・旧作